×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






看護師専門の求人&転職情報 関西版

 
医師とともに日本の医療を支える看護師ですが、その待遇はとても勤務内容に見合うものではありません。

国立大学病院看護師(約1万4000人)を対象にした調査の結果では、「過去半年に退職を考えた人」が44%に対して「考えたことがない人」は11パーセントにとどまっています。そしてこの44%のうち実際に3人に1人が離職しています。

看護師の離職率は10パーセントを越えが当たり前で、高いところでは15パーセントを越えています。女性が多い看護師では結婚、出産などによる離職も多いのですが、それを勘案してもこの離職率の高さはちょっと異常な数字ですね。

離職の原因としては、看護師を取り巻く職場環境の厳しさや病院の方針、人事とのミスマッチなどがよく挙げられます。これらについては、転職をすることで解決できる場合も多いのです。

確かにどこの病院でも、看護師というのは激務です。しかし、自分が考えるとおりのキャリアアップを実現できたり、仕事内容に見合う給与を手に出来る等、今までにないやりがい感じる病院もあるはずです。あるいは、個人の生活ペースに合わせた勤務ができるような病院も増えてきています。

看護師という自分の能力、資格を最大限に活かすために、転職カウンセリングや仕事についての相談などを活用するのもいいでしょう。行政が立ち遅れている日本の医療界を支えているのは、まぎれもなくドクターや看護師などの現場組です。少しでも多くの看護師が自分にフィットした職場で働けるようになって欲しいものです。